マイクロスコープによる精密治療を行います

当院では、肉眼で見えない歯の疾患を見つけるため「マイクロスコープ」を用いた治療を行います。歯を1本ずつ高倍率で拡大して観察し、細かな歯の傷・極小な虫歯さえ見逃しません。患者様自身の歯で食べ物を味わい、笑顔で長く過ごしていただくために必須な、最新鋭の設備です。

準備中

マイクロスコープの特徴

  • 再発を防ぐ精密治療

    準備中

    歯の表面や根本、歯と歯の間を拡大して丁寧に観察。目で見るだけではわからない傷・ヒビを見つけ出し、漏れのない治療を施します。「一度かかったのに歯の痛みが再発してしまった」…という事態を未然に防ぐことが可能です。

  • “歯を残す治療”ができる

    準備中

    非常に細かい作業ができる特性から、詰め物を0.1mm単位で調整したり、極めて小さな虫歯に早期治療を施したり…。患者様ご自身の歯を活かす治療方針に大きく貢献する機器です。何歳になっても自分の歯で食べる喜びを味わっていきましょう。

  • 高難度の施術も対応

    準備中

    たとえば「歯根端(しこんたん)切除」は、神経を抜いた歯の根が膿んでしまう疾患。高度で細かな治療技術が求められます。そんな繊細な術式も、マイクロスコープの拡大機能で成功率が高まっているという報告があり、技術面で確かな価値を生み出しています。

国内では珍しい「3DCT」を導入

■「3DCT」とは?
一言でいえば「従来より高性能な歯のレントゲン」です。
患者様お一人おひとりによって異なる歯列・骨格を、三次元的に把握することができます。
通常のレントゲンでは実現できない縦・横の断面図を表示することも可能。
治療に必要な情報を豊富に出力することが可能です。
しかし、知名度や費用などの問題から、3DCTを採用しているクリニックはまだまだ多いとは言えません。
当院では、患者様に正しい診断と施術を行うため導入しております。


  • 準備中

    んな治療に役立つの?

    最も身近な例えでは「親知らず(埋伏歯)」があります。口内を覗いただけでは、親知らずが生えている向きや状態まではわかりません。そこで一度3DCTによる撮影を行うことにより、安全で無理のない施術が可能となるのです。
    ほかには、歯列矯正の前にあごの骨格を計測する使い道も。さらに先を見れば歯の根元の治療や、インプラント埋め込みの際にも重宝するなど、あらゆる世代のあらゆる治療で活躍する機器です

  • 準備中

    ラス張りの開放感
    “怖くない歯医者さん”

    当院はお子様にとって安心できる歯科を目指しているため、国内でも珍しいCTルームの一部をガラス張りにしております。
    閉鎖された空間では緊張してしまうお子様でも、広く見える空間の中でご家族様に見守られながらなら、安心してCTスキャンを受けることができます。
    地域にとって身近なクリニックでありたい。そんな思いから、設備には細部までこだわっております。
    正確で安心できる診療なら、当院にお任せください。

  • 準備中

    新鋭のレントゲン機器
    安全とスムーズさが特徴です

    当院は3DCTの中でも最新鋭の機器を導入しております。特徴はレントゲンとしては被曝量が極めて少ないこと。ほかの歯科やクリニックと比較しても非常に安全で、身体への影響はほぼありません。また、3DCTは撮影自体が短時間で済むのも特徴です。だいたい10数秒で終了し、患者様のご負担を軽減します。